ぼくらの投資 マネーリテラシー

株主優待で家計を助ける方法、高配当株で家賃を払う方法など、30代からはじめる資産構築の方法、知っておきたいお金の知識を書いています。

当サイト「ぼくらの投資」の運営方針について。日本人の金融に関する知識レベルを上げ、みんなで豊かになっていきたい。

Bu Tinah exhibition

当サイト「ぼくらの投資 マネーリテラシー」の運営方針についてです。当サイトはこの運営方針に従って各記事の執筆や情報発信をしていきます。 

当サイトの運営方針

日本人の金融知識(マネーリテラシー)を向上させる

残念ながら日本人の金融に関する知識は先進国の中でも”最低”なレベルにあり、他の国では小学生でも知っているような基本的な金融知識すら持っていないのが現状です。

これは日本の学校教育で金融やお金に関する知識を教えていないことが原因の1つであり、多くの人がお金のことを知らないまま社会に出てしまっています。

 

たとえば

  • 税金
  • 複利の法則
  • 資産運用
  • 分散投資・集中投資

これらのことがらについて十分な知識を持っている日本人は、それほど多くありません。

 

社会に出て働くようになれば税金とは切っても切れない関係になるにも関わらず、税に対する知識が欠如したまま社会で働いているのが日本の現状です。

また、学生ローンや自動車ローン、住宅ローンなどの借金をする場合にも、複利の知識がないために分不相応な借金をしてしまい、借金の返済に追われて人生を台無しにしてしまう人もいます。

 

当サイトを通じて日本人の金融知識を向上させ、こういった現状を改善。税金や借金で苦労する人を減らしたいと考えています。

 

日本人の投資マインドを盛り上げたい

金融知識が乏しいために、日本では投資や資産運用をしている人の割合が諸外国に比べて少ないと言われています。

「貯金は美徳」という戦時中に政府が打ち出したスローガンを信じ込み、投資をするよりも貯金する人の方が圧倒的に多いからです。

 

使っていないお金は貯金するよりも、投資して社会に流通させた方が新しい製品やサービスが作りやすくなるため、世の中の富の量が増えて人々の生活は豊かになります。

日本人の投資マインドを盛り上げることで新商品や新サービスの誕生を促し、日本経済の活気を取り戻すことを目指します。

 

お金の知識があれば不幸な人を減らせる

Money

お金があれば幸せというわけではありませんが、お金に関する知識を持っていれば、悪質な金融業者からお金を借りてしまい借金の返済に追われるような人を減らせます。また、金融知識があれば若いときから適切な資産運用ができるので、老後資産が足りなくて死ぬまで働き続けるような人も減らせます。

 

知識があるだけで人生は天と地ほどの差が開くので、当サイトを通じて金融知識を広めていき、日本人と日本経済全体を豊かで活気あるものにしていくために運営中です。

 

できるだけたくさんの方々に正しい金融知識を届けようと活動していきますので、是非、こんな当サイトを応援して下さる方は、引き続きブックマーク等をしてまた読みに来てください。

SNSでのシェアやブックマーク、口コミやブログでのご紹介も大歓迎です。一緒に日本を豊かで活気ある国にしていきましょう!

以上、当サイト「ぼくらの投資 マネーリテラシー」の運営方針と、日本人の金融に関する知識レベルを上げ、みんなで豊かになっていきたい…でした。

 

 

リンク

このサイトに掲載している情報は、すべて更新日時時点での情報になります。仕様やサービス内容の変更により、最新の情報とは異なる場合があるのでご注意ください。

また、運営維持のためにPRリンクを設置させていただいております(文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します)。

 

 c 2018 僕らの投資, ALL RIGHTS RESERVED.