30代のためのお金の増やし方の1つ「不動産投資」について(ワンチャン狙って時給2万円の世界へ)

貯金通帳を見るたびにもう1つ、出来ればもう2つ預金残高の「ゼロ」が増えたらと思う方が多いのではないでしょうか。

お金はあるに越したことはありません。しかし定期預金の利息などはあてにならない時代です。

 

このような時代には、どのようにしてお金を増やしてゆけばよいのでしょうか。そのうちのひとつの方法である「不動産投資」をご紹介します。

上手くいけば時給2万円の世界が見えてきます。

お金を増やしたいなら「投資」が必須

お金の増やし方のなかでも一番単純なのが、給料の良い会社に就職して(高収入)、出来るだけ切り詰めた生活をする(出費を減らす)ことです。

そうすればお金はゆっくりではありますが着実に増えてゆきます。

 

しかしすべての会社が給料が良いとは限りません。

それに生活する上ではいろいろな所でお金が出て行ってしまい、貯金に回そうとしてもなかなかうまく貯まらないことも多いです。

 

ではどのようにお金を増やしてゆけばよいのでしょうか。その方法の一つがお金を”投資”に回すことです。

投資と言っても株式投資や不動産投資など様々な種類がありますが、今回ご紹介するのは不動産投資です。

 

不動産投資はアパートやマンションを購入して、それを経営して家賃収入を得る方法です。他の投資と比べて優れているところは、金融機関の借入金を利用できる点です。

今は低金利の時代なので、借り手側に有利になります。

30代の会社員の方なら、勤続年数もそれなりにあり、社会的な信用もあるために金融機関からお金を借りるときにも有利です。

 

そして金融機関からお金を借りる場合には、全額借りる「フルローン」という方法もあります。

実際にフルローンをするとなると、借入金が大きくなるために将来的な返済リスクが高まるのであまりおすすめできないですけどね。

ですからできるだけ頭金を積むようにして借入金を少なくして、できるだけ借金のリスクを下げておくのがポイントです。

 

不動産投資の事前勉強をしてから始めよう

不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンの投資と言われています。

株式投資のように一気に大きく儲けることは出来ませんが、一気にお金を失うリスクも少ないです。

 

ただし不動産は高い買い物ですので、誰にでもできるわけではありません。

それに仮に良い物件があったとしても衝動買いは禁物です。

 

大切なことは、どんな場所の物件を購入すれば手元にお金が残るのか?をきちんと見極めてから投資を実行することです。

そのためには投資を実行する前に、きちんと事前準備をすることが大切です。

 

その事前準備とは不動産投資の勉強です。

不動産投資の勉強では主に、

  • 立地
  • 利回り
  • 借入金

などについて勉強していきます。

これらについて深く理解してから不動産投資に臨めば、初歩的なミスをしなくて済むので期待リターンを高められます。

不動産を所有すると管理の手間もかかりますが、これは専門の管理会社に委託することもできるので、まずは基礎的な「儲かる物件の見つけ方」を身に付けます。

 

もしも投資の勉強をしないで実行してしまうと、良い物件が見つけられないばかりか、困難に直面した時に対処できなくなる恐れもあります。

ですから何が起きても対処できるように、事前勉強が死ぬほど重要です。

ではどのような方法で不動産投資の勉強をすれば良いのでしょうか?

 

不動産投資の勉強の仕方

不動産投資の勉強の仕方はいくつかありますが、一番簡単で初心者向けの方法は書籍での勉強です。

不動産投資関連のビジネス本は、どの本であっても1冊1500円程度で購入できます。

 

 

このような本をできるだけ読むことによって、不動産投資のリスクを学んだり良い物件の探し方を学んだり、不安を取り除いたり出来るのです。

ここで大切なことは、図書館などから本を借りて学ぶのではなく、出来るだけ購入して学んだほうが良いという事です。

 

購入した場合には大事な部分に斜線を引いたり、読みたいときに何回も読み返したりできます。ですから書籍で勉強する場合には、なるべく購入して勉強することをおすすめします。

 

また、不動産会社が作っている”資料”も意外と役に立ちます。

「本は買いたくないし図書館で借りる時間もない」という場合は、下記リンク先で手に入る資料を参考にしてみてください。もちろんこれも無料です。

 

その他にも上級者向けとして、不動産投資セミナーに出席して学ぶという方法もあります。

セミナーには有料や無料のセミナーが数多くありますが、初心者であれば無料のセミナーで十分です。

 

セミナーに出席するメリットは、書籍では学ぶことのできない内容や情報を得ることができたり、講師にその場で質問できたりする点です。これは不動産に関わらず、他の投資手法やセミナーでも同じですね。

疑問があればすぐに質問し、たとえ無料だったとしてもなるべく多くの情報を得るように努めましょう。

 

たくさんの物件を見て目を鍛える

不動産投資の勉強を一通り終えたら、実際に物件を探しにいきます。

しかし稼げる不動産物件というのは、そう簡単に見つかるものではありません。

 

不動産は「千三つの世界」と言われているそうです。

これは「千の物件のうち、稼げる物件は三つだけ」という意味です。

投資に値する物件が0.3%しかないというのは驚きですね。

ですがアタリの物件を正確に見抜けるようになれば、その分リターンも大きくなります。

 

大切なことは、出来るだけたくさんの物件を見て、優良物件を見抜く”目”を鍛えることです。

初心者の場合にはどの物件が稼げる物件なのか、見分けることはまずできません。

ですから普段から投資用不動産を見る目を鍛えて、慣れさせておくことが大切です。

そうすればよい物件に巡り合ったとき、その場ですぐに投資するかしないかの決断ができます。

 

時給2万円の世界

30代はまだまだ若く体力もあります。

もしも不動産投資に取り組むなら、焦ることなくじっくりと勉強を重ねて、目と頭を鍛えてゆきましょう。

 

そして不動産投資仲間などの人脈を作っておくことも大切です。そこから得られる情報はとても貴重な財産です。

 

不動産投資は初期投資が大きいので人を選びますが、ちゃんと勉強すれば割の良い手法です。

勉強と物件の調査に100時間かけ、本来1200万円の価値がある物件を1000万円で手に入れることができれば、差額の200万円が儲けになります。

これが時給2万円の正体であり、不動産が儲かると言われる理由です。

いきなりそのレベルに到達できるわけではないと思いますが、一発逆転を狙いたい方は挑戦してみても良いのではないでしょうか。

 

このサイトに掲載している情報は、すべて更新日時時点での情報になります。仕様やサービス内容の変更により、最新の情報とは異なる場合があるのでご注意ください。

また、運営維持のためにPRリンクを設置させていただいております(文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します)。

 

 c 2018 僕らの投資, ALL RIGHTS RESERVED.