ぼくらの投資 マネーリテラシー

株主優待で家計を助ける方法、高配当株で家賃を払う方法など、30代からはじめる資産構築の方法、知っておきたいお金の知識を書いています。

【花粉症関連銘柄】マスクや目薬が売れて業績が良くなる企業の株と、先回り買いする方法

花粉症対策 関連銘柄


マスクや目薬、点鼻薬など、花粉症関連の銘柄をご紹介します。

花粉が大量に飛散した年はマスクなどの関連商品の売り上げが伸び、業績向上や株価アップにつながる可能性があります。

花粉症関連銘柄

医薬品メーカー

マスク

アレルギー対策の食品、サプリなど

ドラッグストア

マスクや薬を販売しているドラッグストアや薬局にも好影響があります。

その他

花粉予想をチェックして先回り買い

翌年花粉が大量に飛散し、マスクや目薬、点鼻薬の売上がアップするのがわかっているのであれば、先回り買いしたいのが投資家の心理です。

では、翌年の花粉飛散量を他の人よりも早く予測するにはどうすればいいのか?

答えは、気象関連のウェブサイトやニュースサイトをチェックすることです。

たとえば気象庁ウェザーニューズなどで情報収集できます。

 

ウェザーニューズでは10月くらいになると翌春のスギ花粉飛散量を予測したデータなどを公表しており、かなり早い段階で先回り買いすることができます。

花粉飛散量 平年比

花粉飛散量の平年比 ウェザーニューズから

花粉飛散量 2018年比 予測

花粉飛散量の2018年比予測 ウェザーニューズから

2019年のスギ・ヒノキ花粉シーズンの花粉飛散量は、西日本の一部で平年をやや下回る地域もありますが、全国的に 平年並か、平年より多い予想です。全国平均では平年の6割増となり、特に、東日本を中心に予想飛散量が平年の1.5〜3倍になるとみています。

来春の花粉、首都圏で6年ぶり大量飛散か 今夏の記録的猛暑でから一部抜粋

 

これらの情報を参考にすれば、翌年の花粉飛散量から花粉症関連銘柄の業績をある程度予測できます。

マスクや点鼻薬の売上が株価に織り込まれる前に先回り買いしたい方はご参考に。

 

また先ほどのウェザーニューズの記事によると猛暑の年はスギの雄花が良く育ち、翌年は花粉の量が増えるそうです。『猛暑の翌年は花粉症の年』と覚えておくとよいでしょう。

 

 ▼他の関連銘柄の情報はこちら

 

www.moneymics.com

ツイッターでも投資の配信しています。ツイッターアカウントをお持ちの方はフォローお願いいたします。

ツイッターをフォローする

このサイトに掲載している情報は、すべて更新日時時点での情報になります。仕様やサービス内容の変更により、最新の情報とは異なる場合があるのでご注意ください。

また、運営維持のためにPRリンクを設置させていただいております(文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します)。

 

 c 2018 僕らの投資, ALL RIGHTS RESERVED.