ぼくらの投資 マネーリテラシー

株主優待で家計を助ける方法、高配当株で家賃を払う方法など、30代からはじめる資産構築の方法、知っておきたいお金の知識を書いています。

1000円から少額投資できる「One Tap BUY(ワンタップバイ)」の特徴。メリット・デメリットと手数料プラン、口座開設方法を解説

ワンタップバイ 投資

 

本来は数百万円持ってなければ買えない有名企業の株が、わずか1,000円から買えるって知ってましたか?

One Tap BUY(ワンタップバイ)」というサービスを使えば、大金を用意しなくても大丈夫。我々のような一般人でも大企業の株や有名企業の株を買うことができます。

 

このページでは、少額(1,000円~)から投資をはじめることができるOne Tap BUYの始め方や魅力、欠点について解説しています。

「投資は大金持ちがやるものでしょ?」

「投資資金は何年もかけてたくさん貯めておかないとダメなんでしょ?」

「有名企業の株は、一般人には買うことができないんでしょ?」

こんな思い込みを打ち砕いてくれるサービスです。

One Tap BUYの特徴:最低投資金額は1,000円

投資は基本的に、いますぐ使う予定がなく、なおかつ、もしも無くなってしまったとしても生活するのに困らないお金(余裕資金)でやるものです。

そして本格的に投資をやる場合には、最低でも数十万円~数百万円くらいのお金が必要になります。

今すぐ使う予定のない余裕資金が数十万~数百万円も持っている人はそれほど多くなく、投資が日本で普及しない原因の1つです。

 

ところがOne Tap BUYでは最低投資金額が1,000円~となっており、大金を持っていない一般の方でも気軽に投資を始めることができます。

少額からはじめられるので失敗しても損失を抑えることができ、投資に不慣れな初心者向きです。

 

One Tap BUYのメリットとデメリット

One Tap BUYのメリット・デメリットには以下のようなものがあります。

 

メリット

  • 少額から始められる
  • 高額銘柄を端数で買える
  • 株を買う手順がシンプルで簡単
  • アメリカ企業の株が買える
  • 手数料が安い

 

デメリット

  • 株主優待がもらえない場合がある
  • 選べる銘柄が少ない

 

これらのメリット・デメリットについて簡単にご説明します。

メリット

大金が必要ない(1,000円~買える)

One Tap BUYなら投資用の資金が数千円しかなくても投資を始めることができ、数十万~数百万円もの大金を貯める必要がありません。

普通の方でもいますぐ始めることができ、長い時間をかけて投資資金を用意しなくても済むのがメリットです。

 

高い銘柄でも端数から買うことができる

上場企業の中には「貧乏人お断り」とでも言いたいかのように、数百万円用意しないと買えない銘柄があります。

ところがOne Tap BUYなら高額な有名銘柄の株でも端数から買えるため、本来なら数百万円必要な銘柄でも、0.1株とか0.05株単位、数千~数万円単位でも買うことが可能です。

庶民でも有名企業の株主になれるのが嬉しいですね。

 

3ステップで買える(手順が簡単)

一般の証券会社で株を買う場合、

  1. 買いたい企業を選び
  2. その企業の株価を調べ
  3. 何株分買うかを入力して
  4. 合計投資金額(株価×購入株数)がいくらになるかを計算して
  5. 合計投資金額が口座残高よりも少ないことを確認して
  6. 購入する

という手順が必要です。

 

ところがOne Tap BUYでは、

  1. 買いたい企業を選ぶ
  2. 投資する金額を入力する
  3. 購入する

の3ステップで簡単に株が買えます。

投資先の企業を選んだあと投資金額を入力するだけで、何株分買えるかは自動で計算してくれます。

面倒な計算やリサーチをしなくてもいいので、忙しくて株価をチェックする時間がない方や計算が不得意な方でもすぐに投資を始めることが可能です。

 

アメリカ企業の株が買える

One Tap BUYなら

など、アメリカの有名企業の株が日本企業の株と同じように1,000円~購入できます。

しかも取引は24時間可能

気になる企業の株をいつでも好きな時に買うことができます。

 

手数料が安い・定額

一般的な証券会社の場合だと、株を売買する度に手数料がかかります。

この手数料は意外と馬鹿にできず、一カ月間に何千回も取引を繰り返す専業トレーダーの場合だと、手数料だけで何十万円にもなる人もいるくらいです。

 

我々のような一般人が取引する場合だとそこまで手数料が膨らむことはありませんが、それでも何回か取引すると月に数千円くらいにはなるため、その分利益を圧迫します。

この手数料が嫌で、「本当はいますぐ買いたい(売りたい)けど、手数料がかかるから見送る」ということもあるくらいです。

 

ところがOne Tap BUYなら手数料プランを「定額プラン」にすれば、どれだけたくさんの取引を繰り返そうとも1カ月間で取られる手数料は1,058円(税込み)で済みます。これなら手数料を気にせず、好きなタイミングで好きなだけ取引を繰り返すことができますね。

 

ちなみに手数料の定額プランは業界初だそうです。どれだけ画期的なことなのか、なんとなくお分かりいただけるかと思います。

 

デメリット

単元株未満の購入だと株主優待がもらえない

株主優待を出している銘柄の場合、最低購入株数が100株以上(最低単元)などの条件を満たさないと優待が受け取れません。

ところがOne Tap BUYだと単元未満株や小数点以下の株(端株)でも買えてしまうため優待の条件を満たせず、株主優待が受け取れない可能性があります

なお、端数株の保有者でも配当金は受け取れます

 

選べる銘柄が少ない

One Tap BUYでは有名企業の株が簡単に買えるようになっていますが、その反面、有名企業以外の株を買うことができません

買える銘柄は

と限られており、マニアックな株や中小企業の株を買えないのがデメリットです。 

One Tap BUYで取り扱っている銘柄の一覧は、下記ページにまとめています。

One Tap BUY(ワンタップバイ)の取り扱い銘柄一覧

 

One Tap BUYの口座開設方法・手数料

One Tap BUY をはじめるには、専用の証券口座を作る必要があります。

1,000円から投資を始めたい方は下記のリンクから公式ページにアクセスし、口座開設をスタートしてください。

 

公式ページにアクセスしたら「まずは無料で口座登録する」をクリックし、住所や氏名などの個人情報を入力していきます。

途中で本人確認書類が必要になるので、マイナンバーカードの画像や運転免許証の画像を用意しておきましょう。

One Tap BUY(ワンタップバイ) 本人確認 マイナンバー

 

投資歴や投資目的などの質問事項にも回答し、最後に手数料プランを選べば手続が終了します。

One Tap BUY(ワンタップバイ) 手数料プラン

手数料プラン

  • 定額プラン(何回取引しても月額1058円)
  • 都度プラン(買い付け金額の0.5%が毎回かかる)

の2種類あります。

 

月間で20万円以上の株を買ったり売ったりしたい場合は「定額プラン」の方が有利です。

とりあえず1,000円とか1万円とか、少額だけ取引してみたい場合は「都度プラン」の方が手数料が少なくなります。

 

手数料プランはあとから変更することが可能なのでお好きな方を選んでください。

今回は「都度プラン」を選んでみました。

One Tap BUY(ワンタップバイ) 登録完了

1週間程度で口座番号やパスワードを通知する郵便物が届くので、それまで気長に待ちましょう。口座開設が完了したら専用のスマホアプリ、もしくはパソコンから投資をスタートできます。

One Tap BUY 封筒 口座開設完了

 

One Tap BUYは投資初心者におすすめ

以上のように One Tap BUYは少額から投資を始められるのが最大の特徴で、投資初心者にもおすすめのサービスです。

一般的な株式投資の場合は3000以上もの企業の中から投資先を選ぶ必要がありますが、One Tap BUYなら有名な企業だけに投資できるので、投資先で悩む必要もありません。

株の売買手続も非常に簡単なので、

  • 投資用にたくさんのお金を用意できない
  • 株の入門として、少額から投資をはじめたいと思っている
  • 面倒で複雑な手続きをするのが嫌だ、シンプルに、手軽に株取引をしたい

という方は、下記の公式ページからOne Tap BUYの詳細をご確認ください。

このサイトに掲載している情報は、すべて更新日時時点での情報になります。仕様やサービス内容の変更により、最新の情報とは異なる場合があるのでご注意ください。

また、運営維持のためにPRリンクを設置させていただいております(文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します)。

 

 c 2018 僕らの投資, ALL RIGHTS RESERVED.