2018年のワーストトレード、ベストトレード大賞(最悪の取引と満足のいった取引)/初心者丸出しで損大利小

ワーストトレード ベストトレード 株


新年に入って一週間が経過したので、そろそろ昨年のワーストトレードとベストトレードを晒すのに丁度良い頃合いかと思います。

ということで、2018年のワーストトレード、ベストトレードを書きなぐってみました。

2018年のワーストトレード:累計損失100万円越え「ヒト・コミュニケーションズ」

出会いは ふっとした 瞬間 ツイッターの煽りアカから

声をかけてくれたね「一緒に買おう!」

 

僕は 決算前なのに 何も 疑うこともなく

ジャンピングキャッチ!して 爆死 したんだよ

 

あぁ 口座資金があと少しで 無くなるから

あぁ もう遅いけど損切りした

 

苦しくって 悲しくって 何回も 壁を殴った

煽りに 乗ったら いつも負け

 

 

ダントツのワーストトレードはヒト・コミュニケーションズです。

 

煽りに乗って買った直後から含み損を抱えており、決算発表でストップ安になったにも関わらず保有を継続。

途中で買い増しをしながら平均単価を下げましたが、まったく意味が無く「あなたが売った、そこが”底”」で部分損切り

その後も一部を保有し続けましたが、取引年度が2019年に変わったときに全部損切りしました。遅いよ。

 

損失額はざっと100万円!

 

煽りに乗らなければ・・・

含み損が少額のうちに損切りしておけば・・・

と悔やまれます。

 

途中経過の詳細はこちら。

www.moneymics.com

 

2018年のベストトレード: ネクスグループ

ダントツのベストトレードはネクスグループの売り抜けです。

元々株主優待目的で買ったのですが、急騰したタイミングで売り抜けました。

 

たしか優待の内容は旅行の割引券だったと思うのですが、利確したときの売却益と優待内容を見比べた時に

旅行券は必要ないな

と思い、目の前の実現益を選びました。

 

結果的にこれが大正解となり、売却益が手に入ったばかりか、その後の株価下落にも巻き込まれずにすみました。

 

ネクスグループ 取引明細

ネクスグループ 株価

ネクスグループ(6634)の株価チャート

 

100株しか保有していなかったので たったの2万円の利益でしたが、パーセントで見ると50%以上も利益を伸ばすことができたので満足です。

また、優待目的で保有していたとしても、いつなくなくなるか分からない株主優待より、目の前の確実な売却益を選んだ方が良いという教訓も得ました。

 

損切りは早く、利益は伸ばす。損小利大が原則

以上が2018年のワーストトレード、ベストトレードです。

損が大きく、利益が小さい…

初心者感まる出しですね。

 

本来はこれを逆にしなければなりません。

利益は可能な限り大きく伸ばし、損はできるだけ小さくする。

損小利大が投資の原則です。

 

2019年はもっと上手に取引し、失った損失を補って余るほどの利益を計上してやります。

 

www.moneymics.com

www.moneymics.com

www.moneymics.com

このサイトに掲載している情報は、すべて更新日時時点での情報になります。仕様やサービス内容の変更により、最新の情報とは異なる場合があるのでご注意ください。

また、運営維持のためにPRリンクを設置させていただいております(文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します)。

 

 c 2018 僕らの投資, ALL RIGHTS RESERVED.