ぼくらの投資 マネーリテラシー

株主優待で家計を助ける方法、高配当株で家賃を払う方法など、30代からはじめる資産構築の方法、知っておきたいお金の知識を書いています。

当サイト管理人のプロフィール。投資経歴と現在の投資方針。

当サイトにお越しいただきありがとうございます。

簡単ではありますが、管理人の自己紹介をさせていただきます。

 

  • 性別:男性
  • 年齢:ギリギリ昭和生まれの30代
  • 住処:秩父山中
  • 投資歴:約9年(現物株7年、信用株5年、投資信託2年、FX5年、商品先物経験なし)

 

投資の経歴

投資は2009年に初めて証券口座を開設して以来、いろいろと手を出してきました。

株式投資に興味があるから証券口座を作ったのですが、最初は証券会社のホームページでおすすめされている投資信託ばかり買っていました。

 

今考えると手数料のことなど何も気にせず、証券会社に言われるままに買っていたので”いいカモ”だったなあ…と感じます。それでも一応利益は出ていたんですけど。

 

投資信託を2年ほど経験した後は個別株の取り引きに興味を持ち始め、最初はミクシィを購入。取引や注文の方法すら知りませんでしたが、時期が良かったようで何日かストップ高を経験できました。

今考えるとこれも超絶運がいいですね。

 

しかし・・・。

 

その後、調子に乗って信用取引にも手を出してしまい痛い目を見ます。

 

信用取引で資産を半分に

2014年にケネディクスを信用全力買いをして、1月の暴落で死亡。

当時600万円あった口座残高が1週間で400万円まで減少。その後、1カ月かけて300万円まで減りました。

 

途中でまったく損切りができず、追証で首が回らなくなったので当時の大底でようやく損切りを実施。

追証 SBI

 

入金しても入金しても画面が真っ赤に染まってました。

追証 SBI 画像


損切り後は毎日のように下がれ~下がれ~と恨めしそうにチャートを眺めていました。

実際には損切りした時が大底だったので、その後はどんどん株価は上がり、半年後には暴落前の水準まで戻ってましたけど。

 

この時は本当に死にたいと思いましたね。まあ死ぬ勇気がないし、それでもまだ300万円残ってたので実行には移しませんでしたが。

でもとりあえず荒れまして、自宅の壁を殴ったり蹴ったりして大暴れし、いまも壁に穴が空いています。

 

しかし資産を半分に減らした後も懲りずに何度も個別株の取り引きを継続。

ちょこちょこ儲かったり減らしたりしながら数年たちましたが、ほとんど増えていません。むしろ減ってます。

 

優待投資メインに切り替え

2014年の大失敗後はデイトレをしたり専業トレーダーさんのブログを見たりツイッターの情報を元に取引したりもしましたが、いずれもうまくいきませんでした。

情報に踊らされるだけでしたね。

 

そのため、「どうせお金を減らすんだったら株価が下がってもなんとか気持ちを保てる優待株を買って放置しよう」と諦め、現在は優待株をメインに情報収集したり取引したりしています。

 

こういった事情から、当サイトでは積極的に利益を狙っていく狩猟型の投資スタイルではなく、リスクを最小限にしながら放置プレイで着実にもらえるものをもらっていく農業型の投資スタイルをメインに情報発信していきます。

 

勉強中ということもあり不満足な情報もあるかと思いますが、これから投資をはじめる方にとって有益な情報を出せるように心掛けていますので、ぜひ読みに来ていただけたらと思います。

私のように資産を減らして後悔する方が、少しでも減ってくれればありがたいです。

 

 また、当サイトの運営方針については別途まとめてあります。

基本理念について書いてありますので、興味をもっていただけたらこちらもどうぞ。

www.moneymics.com

このサイトに掲載している情報は、すべて更新日時時点での情報になります。仕様やサービス内容の変更により、最新の情報とは異なる場合があるのでご注意ください。

また、運営維持のためにPRリンクを設置させていただいております(文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します)。

 

 c 2018 僕らの投資, ALL RIGHTS RESERVED.